デザイン・コピー・企画開発力で、わかる・伝わる!クリエイティブワークを提供する株式会社ルラック

Corporate Philosophy

lelac.png


ルラックの企業理念にかえて

25歳で事業をはじめるに至った思いは、20年を過ぎた今も変わらず、より強い思いとなって膨らんでいます。
その私のポリシーであり、夢でもあるお話しを聞いてください。

文学をはじめ、映画づくり、絵画、ニューアート的なものに熱中した学生時代に、
大きな影響を与えてくれたのが、両親や祖母たちから聞いた大正〜戦前の日本の暮らしと、戦中、戦後の復興のイメージでした。

  • 大正〜戦前のお話しでは、反映と貴族の没落を。
  • 戦中は東京下町のリアルな戦争シーンと帝国ニッポンへの子どもたちの憧れを。
  • 戦後のお話しは民主社会への変化と復興へのチカラを。

ここでは多くは語れませんが、ファミリーやグランドファミリーから表裏一体となったいろいろな話しを聞いて育ちました。

そして青春を謳歌していたころの私が感じたことは「未来のニッポン」に対する思いでした。
当時アート関係に傾斜していた私が「ニッポンのために自分に何ができるのか?」を考えた時に、パッと浮かんできたのが、「マスメディアで理想の概念をみんなに伝えよう」という無謀な発想でした。

そのために兎に角も就職してガンガン働いて、いち早く自分の思いを果たすべく、制作プロダクション事業をはじめました。それが今のルラックのクリエイティブ部門です。

やがて・・・、商業デザインの中で、どこまでクライアント様の先にいるユーザー様のことを考えられるのかが焦点となり
いかにユーザーを幸福に、楽しくできるのか?そこに素敵なニッポンを、伝えられるのか?
クライアント様からは、そこまでの訴求は頼まれてもいなかったように思いますが、私のポリシーとして今もあつい仕事が続いています。

20年経って、やっと、もっと他の手段でも「ニッポンのために自分に何ができるのか?」を考えられる時が来ました。

そうして、3つの事業が生まれました。

いずれもまだまだこれからの事業部ですが、制作プロダクション事業と一貫して、
クリエイティブな目で「がんばるニッポン運動」として育てていきたいと考えています。


a:1691 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional